東静容器株式会社
TEL:03-5830-8371 FAX:03-5830-8373
営業時間:平日9時~17時

泡盛復活の立役者はグリーンボトル -容器による市場開拓の例-

沖縄で御酒といえば泡盛というほど、泡盛は老若男女を問わずポピュラーなアルコール飲料となっております。
実は、この泡盛、昔は、「 泡盛 」は島酒(シマグヮー)と言って、中・高年専用の御酒、それも暗いイメージがあった御酒だったそうです。しかも、戦後、米軍統治下に入った沖縄ではウィスキーやブランデーが安く手に入ったため、泡盛は臭くて不味いと敬遠されていたそうです。実際、当時、泡盛といえばもっぱら家庭で飲む酒と位置づけられており、スナック、バー、居酒屋などの飲料店ではウィスキーウイスキーやブランデーのキープボトルがほとんどだったそうです。スナックなどで「泡盛」を注文するのはダサイ人、よほどの貧乏人、又は変人とみられかねなかったそうです。
そんな状況に風穴を開けたのが「グリーンボトル」です。
当時は一升瓶か三合瓶が主流であった泡盛でしたが、1978年、久米仙酒造では、それまでの泡盛のイメージを一新する濃い緑色のガラス瓶(720mlの卓上ボトル)に泡盛を入れて販売を開始しました。(ちなみに1978年のヒット曲は、「UFO」、「与作」、「サウスポー」、「飛んでイスタンブール」、「青葉城恋歌」、「いい日旅立ち」です。)この「久米仙グリーンボトル」であれば、スナックの棚に置いても違和感がないと考えたからです。また、このサイズであれば、ボトルキープも可能です。この洗練されたデザインの化粧ボトルは、女性や若者の間で人気となり、沖縄県内に留まらず全国レベルでの泡盛消費拡大の口火となったそうです。つまり、容器を変えることで、泡盛を女性や若者も飲む、少しお洒落な御酒に変えたのです。容器が泡盛ブームに火をつけたのです。今や、久米仙酒造に限らず、様々な酒造メーカーが緑色のガラス瓶の容器に入れた銘柄を揃えるようになりました。これは、既存商品の市場開拓の好例でしょう。これまで市場開拓されていなかった「女性・若者市場」、「飲料店市場」という新しい市場を開拓したのです。しかもパッケージ(容器)を変えるという非常にリスクの小さい方法で成功したというマーケティング戦略の素晴しい例といえます。
余談になりますが、この久米仙酒造では、本土の居酒屋チェーンの進出に併せて、この居酒屋チェーン用にオリジナルラベルを用意することで、この居酒屋チェーンに焼酎を卸すことに成功したそうです。しかも、その焼酎、折からの焼酎ブーム・居酒屋ブームの波にのり、大ヒットしたそうです。オリジナルラベルも大切ですね。

参考文献:泡盛「通」飲読本(仲村清司+酔いどれ泡盛調査隊著、双葉社)

同じジャンルの容器

  • これから増やしていきます!

関連情報

  • ボトル・キャップの各部位名称
    ボトル・キャップの各部位名称 ボトルの各部位名称【ボトルの部位名称】1…口天部肉厚2…口内径3…ネジ切り位置 ネジ上端で表す場合(上図:3-1)とネジ頂点で表す場合(上図:3-2)がある。…
  • 中空成形(ダイレクトブロー)用金型
    中空成形(ダイレクトブロー)用金型  金型の構造は大体二つ割の型が多く用いられています。この型は左右の型が平行に移動して開閉する金型で、構造は大別して、ベース本体・ストライカープレート・…
  • 容器に関する致命欠点・重欠点・軽欠点の具体的な不良内容について
      ヨウキの品質を定めるための品質基準(外観・寸法・容量及び機能基準)があり、製造を行う際の工程管理なども、品質基準に適合するよう管理され、製造されてい…
  • 抜き取り検査とは?
      製造した製品すべてを検査する方式を全数検査といいます。そして、ロットを構成する品物の一部をあらかじめ定められた方式で抜き取って試験(又は検査)を行い…
  • 日本のガラスの歴史
      日本でガラスが発見されるのは弥生式文化の時代の遺跡からであって、それより古い縄文式文化の時代にはガラスは知られてなかったようです。実際、弥生時代の遺…