東静容器株式会社
TEL:03-5830-8371 FAX:03-5830-8373
営業時間:平日9時~17時

中空成形(ダイレクトブロー)用金型


 金型の構造は大体二つ割の型が多く用いられています。この型は左右の型が平行に移動して開閉する金型で、構造は大別して、ベース本体・ストライカープレート・首部(インサート)・底部(インサート)から出来ており、その他に型合せガイドピンおよび各ブロックごとに水冷用の孔または溝などがつけられています。

 本体部の材質は一般に鋳物、アルミニウム合金等が多く用いられています。その他ストライカープレート、底部インサート部分は喰い切り刃等をつけてバリを切らねばならないので、特に鋼のような強度のある材質が用いられています。









 上記の構造の金型を対で使用し、樹脂ボトルを成形します。ガイドピンは片側のみ。対となる金型には、ピンを受けるための凹みが設置されています。

【ダイレクトブロー樹脂ボトルの成形】(バリ取り機構の無い金型の例)








1、開いた金型の間にパリソン(ボトルの原料)を押し出す。







2、金型を閉じてパリソンを挟みカッターで切る。







3、マンドレルを下ろしながら圧縮空気を吹きパリソンの切り口を開く(予備ブロー)。







4、マンドレルをパリソン内に差し入れ、圧縮空気を吹き込んで成形する。その後、樹脂冷却時間を置く(秒単位)。







5、金型が開いた後、マンドレルが上昇し、ボトルが取り出される。例はバリ取り機構の無い金型のため、余分のパリソン(バリ)が付いています。







6、ボトルをマンドレルから外し、最後にバリを取り除いて完成です。上記を繰り返して容器を量産します。

 今回はわかりやすいよう、基礎的な金型構造でブロー樹脂ボトルの成形手順を紹介いたしました。実際の現場では、バリ取り機構が備わっているものや、効率よく冷えるよう水冷ドリル孔を工夫した物など、様々な金型が使われています。

同じジャンルの容器

  • これから増やしていきます!

関連情報

  • ボトル・キャップの各部位名称
    ボトル・キャップの各部位名称 ボトルの各部位名称【ボトルの部位名称】1…口天部肉厚2…口内径3…ネジ切り位置 ネジ上端で表す場合(上図:3-1)とネジ頂点で表す場合(上図:3-2)がある。…
  • 容器に関する致命欠点・重欠点・軽欠点の具体的な不良内容について
      ヨウキの品質を定めるための品質基準(外観・寸法・容量及び機能基準)があり、製造を行う際の工程管理なども、品質基準に適合するよう管理され、製造されてい…
  • 抜き取り検査とは?
      製造した製品すべてを検査する方式を全数検査といいます。そして、ロットを構成する品物の一部をあらかじめ定められた方式で抜き取って試験(又は検査)を行い…
  • 日本のガラスの歴史
      日本でガラスが発見されるのは弥生式文化の時代の遺跡からであって、それより古い縄文式文化の時代にはガラスは知られてなかったようです。実際、弥生時代の遺…
  • 帯電防止剤とは?
      帯電防止剤とは、合成繊維やプラスチック製品が静電気により帯電するのを防ぐ目的で使用される化合物です。実際には界面活性剤が帯電防止剤として利用されるこ…