抜き取り検査とは?

お探しの容器が見つからない場合、ご質問・ご相談等がございます場合は「お問い合わせ」ください。
サンプルご希望の際は「サンプル請求」よりご注文下さい。容器ご注文の際は「発注書」をご利用下さい。

Twitterで、このページについてつぶやく。

抜き取り検査とは?

 製造した製品すべてを検査する方式を全数検査といいます。そして、ロットを構成する品物の一部をあらかじめ定められた方式で抜き取って試験(又は検査)を行い、その結果を判定基準と比較してロットの合否を決める検査法を抜き取り検査といいます。

 商品やサービスの品質保証はいろいろな形で行われますが、最終的には検査が重要な役割を果たします。量産品には多くの場合、抜き取り検査が適用されます。日本の独自の抜き取り検査法としてJIS Z 9015が制定されています。

<抜き取り検査用語>

検査単位…検査の目的のために選ぶ単位体または単位量。

検査ロット…検査の対象となるひとまとめの品物の集まり(ロット)。(例)入庫ロット、出荷ロット、一日の生産数など。

ロットの大きさ…ロット内の検査単位の総数。

欠点…検査単位が規格、仕様書、図面などの要求事項から外れている箇所。

致命欠点…その製品を使用又は維持あるいは保管している人に危険を及ぼしたり、安全でない状況を招いたりしそうだということが予想される欠点及び主要最終製品の基本的機能に重大な影響を及ぼすであろうと予想される欠点。

重欠点…致命欠点ほどではないが、検査単位の実用性を実質的に低下させて、所期の目的を果たすことが困難であると予想される欠点。

軽欠点…検査単位の実用性、また有効な使用、操作などにほとんど支障がないと予想される欠点。

サンプル…ロットから抜き取られる検査単位の集まり。

工程平均…供給者によって初検査に提出された製品の平均不良率、又は100単位あたりの欠点数の平均のこと。初検査とは特定の量の製品の最初の検査のことで、いったん不合格になって提出された製品の検査のことではない。

AQL…抜き取り検査でロットの合否を決定する場合に、合格にしてよい工程平均の上限。AQLとはacceptable quality level(合格品質水準)の略。

検査水準…ロットの大きさとサンプルの大きさの関係を決めるもの。

サンプル文字…ロットの大きさと検査水準によってサンプルの大きさを指定するもの

一回抜き取り検査…ロットからサンプルをただ一回抜き取り、その試験結果によってロットの合格、不合格を判定する抜き取り検査。

二回抜き取り検査…第一回目として指定された大きさのサンプルの試験結果によってロットの合格、不合格による検査続行のいずれかの判定をし、もし検査続行となった場合には第二回目として指定された大きさのサンプルの試験結果を第一回目の結果との累計成績によってロットの合格、不合格を判定する抜き取り検査。

なみ検査…工程平均がAQLと同一水準にあるときに使用するよう設計された検査方式。

きつい検査…工程平均がAQLより悪いとみなされるときに使用するよう設計された検査方式。

ゆるい検査…工程平均がAQLより良いとみなされるときに使用するよう設計された検査方式。

外観検査…主に外観不良などを目視にて行う検査。

内容量検査…空容器中に水を満たし、内容量を測定する検査。

機能検査…致命欠点や重欠点不良の機能検査項目を官能あるいは検査機器などを用いて行う検査。
【カテゴリー】 容器の豆知識

ホームページに掲載されていない容器も多数ございます。
お探しの容器が見つからない場合、ご質問・ご相談等がございます場合は「お問い合わせ」ください。
内容物によっては容器(ボトル、キャップ、ポンプなど)の機能に支障をきたす場合もございますの で、 ご発注の前にサンプルにて事前テスト・経時テストを行ってください。
サンプル商品代はご注文時に相殺させていただきます。

同じ用途で使われる容器

  • これから増やしていきます!

関連容器・関連情報

  • ボトル・キャップの各部位名称
    ボトル・キャップの各部位名称 ボトルの各部位名称【ボトルの部位名称】1…口天部肉厚2…口内径3…ネジ切り位置 ネジ上端で表す場合(上図:3-1)とネジ頂点で表す場合(上図:3-2)がある。…
  • 中空成形(ダイレクトブロー)用金型
    中空成形(ダイレクトブロー)用金型  金型の構造は大体二つ割の型が多く用いられています。この型は左右の型が平行に移動して開閉する金型で、構造は大別して、ベース本体・ストライカープレート・…
  • 容器に関する致命欠点・重欠点・軽欠点の具体的な不良内容について
      ヨウキの品質を定めるための品質基準(外観・寸法・容量及び機能基準)があり、製造を行う際の工程管理なども、品質基準に適合するよう管理され、製造されてい…
  • 日本のガラスの歴史
      日本でガラスが発見されるのは弥生式文化の時代の遺跡からであって、それより古い縄文式文化の時代にはガラスは知られてなかったようです。実際、弥生時代の遺…
  • 帯電防止剤とは?
      帯電防止剤とは、合成繊維やプラスチック製品が静電気により帯電するのを防ぐ目的で使用される化合物です。実際には界面活性剤が帯電防止剤として利用されるこ…
  • 界面活性剤について
      界面活性剤は種類も多く、性質も少しずつ違っています。これらの界面活性剤をうまく組み合わせ使いこなすといろいろの働き(作用)のものが出来ます。1.乳化…
  • プラスチックの材質説明
     ●AS(アクリロニトリル・スチレン) AS(アクリロニトリル・スチレン)は、透明度が高く、つやがあり、高級感がある樹脂です。PS(ポリスチレン)と比べて耐薬品性…
  • 容器の位置合わせについて
     ボトルの側面印刷とキャップの天面印刷を同方向にする場合は特に注意が必要です。(例えばクリーム容器等)ボトルとキャップの位置決めが出来ている容器と出来て…
  • ドロップ栓の抽出スピードについて
    ドロップ栓の抽出スピードについて 足長・長ドロップ栓は、下部の部分(細長い管、足長といいます)の長さによって内容物を出すスピードが違います。足長が長い方が抽出するスピードが早くなります。…
  • ガラス容器の歴史
      ガラス容器の歴史は古く、その起源は紀元前の古代オリエント文明が繁栄していた頃であります。主にエジプト・メソポタミアで作られ、宝石のように高価なものと…