東静容器の沿革

お探しの容器が見つからない場合、ご質問・ご相談等がございます場合は「お問い合わせ」ください。
サンプルご希望の際は「サンプル請求」よりご注文下さい。容器ご注文の際は「発注書」をご利用下さい。

Twitterで、このページについてつぶやく。

東静容器の沿革

1927(昭和2年)創業
・創業者高野良平、台東区浅草にて硝子瓶販売業「高野商店」を設立

1948(昭和23年)
・個人商店を法人に改組、「株式会社高野商店」

1962(昭和37年)
・東静容器株式会社設立。
・株式会社高野商店の営業権を継承してメーカーに転向。
・射出成形機6台導入。
・所在地 東京都墨田区銀糸1丁目12番17号。
・代表取締役 高野眞治 取締役会長 高野良平 
・資本金1000万円

1965(昭和40年)
・増 資1000万円
・資本金2000万円

1967(昭和42年)
・増 資1000万円
・資本金3000万円
・工場移転
・埼玉県北葛飾郡吉川町に吉川第一工場第一期工事竣工。
・墨田区の本社工場より、プラスチック製造部門移転。
・中空成形機導入。

1969(昭和44年)
・硝子印刷の加飾加工開始。

1971(昭和46年)
・吉川第一工場第2期工事竣工。
・吉川第一工場第3期工事竣工。

1973(昭和48年)
・埼玉県吉川町に本社工場完成。
・新工場にフロスト設備、ガラス印刷焼付炉を新設
・インジェクションブロー成形機導入。
・混色成形機導入。

1974(昭和49年)
・本社並びに営業部門を東京に移転。
・所在地 東京都千代田区神田佐久間町2丁目18番地。

1976(昭和51年)
・西独製チューブ成形機を導入
・チューブ容器の生産を開始。
・イタリア製オフセット印刷設備一式導入。
・袋井営業所建設 
・所在地 静岡県袋井市川井1181番地。

1977(昭和52年)
・創業50周年記念式典

1979(昭和54年)
・二軸延伸ブロー成形機、コロナ放電処理機導入。

1981(昭和56年)
・イタリア、モス社オフセット印刷設備増設。
・押出チューブ設備一式導入。

1983(昭和58年)
・創業者高野良平死去(享年82才)
・青山葬儀所にて社葬。

1984(昭和59年)
・東静容器工業株式会社設立(東静容器株式会社から製造部門を分離)
・代表取締役高野眞治
・資本金800万円 
・所在地 埼玉県北葛飾郡吉川町平沼1364番地。
・ 袋井営業所を袋井工場と改称

1986(昭和61年)
・CI導入。社歌制定。
・創業60周年記念誌「瑞光」発刊。
・射出成形機(日精ASC-100)1台導入。

1987(昭和62年)
・袋井工場スクリーン印刷を開始。
・スクリーン印刷機、表面処理機、ホットスタンプ機、乾燥機を導入。
・本社工場、生産設備の増設と環境整備。
・ポリタイプ社のオフセット印刷機一式導入。
・インジェクションブロー成形機(日精IBA 100)導入。
・中空成形機(日鋼JB102)導入し、加工部門を本社工場に集約。 

1988(昭和63年)
・オフセット印刷機(日本曲面印刷 KL5-UOP・UV)導入。
・JIT委員会発足し、JITの定着を図る。
・中空成形機(日鋼JB102)導入。

1989(平成元年)
・「改善合理化三カ年計画」がスタート。
・フロスト加工を協力工場へ委託。
・射出成形機(日鋼J100SA・)導入。
・第一工場を本工場へ統合する計画を立案、実施。
・押出成形機(プラスチック工学研究所GT-32-A)一式導入。

1990(平成2年)
・縦型射出成形機(日精TD100C9ASE)導入。
・中空成形機(日鋼JB105)導入。表面処理機(新栄SK-6-Ⅱ)導入。
・ホットスタンプ機(ナビタスV-08L)導入。大阪営業所を閉鎖。

1991(平成3年)
・袋井工場拡張工事を着工。
・袋井工場面積2012.7平方メートル
・容器加工部門所有設備:ホットスタンプ機3台、スクリーン印刷機2台、
・表面処理機1台、ベルトコンベアー6台他。

1992(平成4年)
・袋井工場、熱風乾燥機(熱風循環式コンベアー炉)導入。  
・吉川第一工場の土地一部を駐車場として(株)サンべルクスへ賃貸。

1993(平成5年)
・吉川第一工場合理化計画に基づき建物解体工事始まる。

1994(平成6年)
・射出成形機(日本製鋼所J150E-D)導入。
・マーブルチューブ成形装置導入。
・除湿乾燥機(松井製作所DMZ-80H-50R)導入。

1995(平成7年)
・東静容器工業株式会社増資
・資本金1000万円。 
・コンプレッサー(日立スクリュー圧縮機OSP-15E5A)導入。
・日本包装機械展‐ジャパンパック‐(晴海会場)出展。

1996(平成8年)
・吉川第一工場の土地を(株)文真堂書店へ賃貸。
・生産管理システムコンピュータ導入。

1997(平成9年)
・射出成形機(日本製鋼所J150EⅡ‐M)導入。
・射出成形機(日精樹脂工業FN3000-36A)導入。
・中空成形機(日本製鋼所JEB7-2/P65/W80S型)導入。
・創業70周年記念式典
・オフセット印刷機(ヒンターコップ社K080)導入。

1998(平成10年)
・ピンホールチェッカー(PPC-150型)導入。
・中小企業テクノフェアー(東京ビッグサイト会場)出展。

1999(平成11年)
・ISO9001認証取得。
・チューブ穴あけ装置(日本ロードパッカー)導入。

2000(平成12年)
・CADシステム導入。

2001(平成13年)
・ピンホール検査機一式導入。

2002(平成14年)
・東静容器株式会社の本店を東京都千代田区より東京都台東区に移転する。
・チューブヘッダー横型2ケ取成形機(SMT扁平、丸兼用)導入。
・スチームトンネル装置(シュリンクラベル用SKT-900TL)導入。

2003(平成15年)
・チューブ用押出成形機(PLABOR社製中古)導入。 
・代表取締役社長に高野純一、取締役会長に高野真治が就任。
・ISO9001認証解除の申請と受理。

2005(平成17年)
・中小企業経営革新支援法第4条第3項の規定に基づき、東京都知事より経営革新計画に係る承認を得る。(16産労商経第608号)
・ 温泉化粧水のプロデュースを開始。超小ロットでの温泉化粧水の企画・開発・販売を開始。

2006(平成18年)
・ベンチャーフェアJAPAN2006(東京国際フォーラム)に出展
・HOTERS JAPAN 2006(東京ビックサイト)出展
・AQUA&SPA 2006企画展示(東京ビックサイト)出展

2007(平成19年)
・PACKAGING China 2007(中国・上海 浦東新国際展覧中心)に出展
・東静容器株式会社設立(事業子会社)
・所在地 東京都台東区駒形1丁目1番地2号
・資本金1000万円
・代表取締役社長に中里一郎、取締役会長に高野純一が就任。

2010(平成22年)
・代表取締役社長に高野純一が就任。

2011(平成23年)
・建物老朽化により本社移転
・所在地 東京都千代田区神田佐久間町2町目18番地

2012(平成24年)
・代表取締役社長に植岡秀紹が就任。

2013(平成25年)
・袋井工場老朽化により工場移転
・東静容器春日部工場新設
・工場所在地 埼玉県春日部市内牧4136
・東静容器袋井工場閉鎖

2016(平成28年)
・本社移転
・所在地 東京都台東区駒形1-2-6 大竹ビル6F

2019(平成31年)
・本社ビル名変更
 所在地 東京都台東区駒形1-2-6 緑川第二ビル6F
【カテゴリー】 会社概要

ホームページに掲載されていない容器も多数ございます。
お探しの容器が見つからない場合、ご質問・ご相談等がございます場合は「お問い合わせ」ください。
内容物によっては容器(ボトル、キャップ、ポンプなど)の機能に支障をきたす場合もございますの で、 ご発注の前にサンプルにて事前テスト・経時テストを行ってください。
サンプル商品代はご注文時に相殺させていただきます。

同じ用途で使われる容器

  • これから増やしていきます!

関連容器・関連情報

  • 東静容器株式会社~会社概要・アクセス~
    東静容器株式会社~会社概要・アクセス~ 本社所在地〒111-0043 東京都台東区駒形1-2-6 緑川第二ビル6階TEL 03-5830-8371 FAX 03-5830-8373代表取締役植岡 秀紹創 業昭和2年設 立平成19年10月19日資本金1,000万円春日部…
  • お客様一覧
     株式会社ディーエイチシー、吉田製薬株式会社、株式会社アルビオン、株式会社コスメロール、富士フイルム株式会社、株式会社コーセー、デンカ株式会社、株式会社…
  • 東静容器の主な受賞作品
     創業77年余。東静容器は容器づくりのエポックを創りだしてきました。 化粧品の容器制作は、単に容器としての機能を充たすだけではなく、商品の効能、香り、イ…
  • 通信販売の法規(特定商取引法)に基づく表示
     販売業者東静容器株式会社運営統括責任者代表取締役 植岡 秀紹所在地〒111-0043 東京都台東区駒形1-2-6 緑川第二ビル6階TEL 03-5830-8371 FAX 03-5830-8373メールアドレスsale…