プラスチックの材質説明

お探しの容器が見つからない場合、ご質問・ご相談等がございます場合は「お問い合わせ」ください。
サンプルご希望の際は「サンプル請求」よりご注文下さい。容器ご注文の際は「発注書」をご利用下さい。

Twitterで、このページについてつぶやく。

プラスチックの材質説明

●AS(アクリロニトリル・スチレン)

 AS(アクリロニトリル・スチレン)は、透明度が高く、つやがあり、高級感がある樹脂です。PS(ポリスチレン)と比べて耐薬品性、剛性、耐熱性が向上され、透明性、耐薬品性、寸法精度の良さを生かして、電気製品(扇風機のプロペラ等)、化粧品等に使用されます。

 アルコールに弱い、衝撃に弱いという弱点もありますが、成型過程でひけ(成形後収縮による変形)が生じにくい特徴があります。インジェクション成形により、キャップやオーバーキャップなどに使われています。ただしスクイズ性に欠けるため、嵌合(はめあい)を必要とするオーバーキャップには向きません。

●PET(ポリエチレンテレフタレート)

 ペットボトルなどでおなじみの樹脂です。ナチュラル(色を付けていない樹脂の素材色)では透明度が高く、光沢があります。PETはボトル用成形材料として急成長しましたが、その主な理由としては、①優れた強度、②軽い、③高い透明性、④光沢があるため、⑤外観特性に優れる、⑥ガスバリヤー性が高い、⑦添加剤を必要としないことから、安全、衛生性が高い、⑧リサイクル性が高い、⑨PETの性能を引き出す成形方法(2軸延伸ブロー成形)が開発された、ことなどが上げられます。

 PETの用途としては、光沢・透明性・デザインの自由度から、化粧品、合成洗剤の容器として利用されています。
また、外観特性・バリヤー性・衛生性から、医薬品としても利用されています。その他、安全衛生性、軽量化、ガスバリア性、デザインの自由度から、ドレッシング類、アルコール類、清涼飲料水類容器として利用されています。

●PE(ポリエチレン)

 ポリエチレンは、プラスチックの中では弾性率が低く、柔らかい材料の部類に属するので、表面は傷つきやすいですが、反面、伸びは大きく、衝撃に対して強靭な材料です。材質の透明性は低く、半透明に見えます。ポリエチレンは、吸水性がほとんどなく、透過性は比較的大きい特徴があります。耐薬品性は他のプラスチックと比較して、良好です。ただし、強い酸に対しては酸化劣化を起こします。耐候性(屋外で使用された場合に、 変形、変色、劣化等の変質を起こしにくい性質)は他のプラスチックに比較してよい方とはいえません。

 PEは製造方法によって生成するPEの分子構造が異なり、大別してLDPE(低密度(0.92)…高圧法)、MDPE(中密度(0.93)PE…中圧法)、HDPE(高密度(0.95)PE…低圧法)の三種類に分けられます。LDPEは、(密度の低いポリエチレン素材で、耐薬品性に優れた柔らかい素材で、容器の中栓にもよく使用されています。ナチュラルではHDPEよりやや透明度が高いです。汎用ポリ袋の素材として幅広く用いられています。一方、HDPEは、(密度の高いポリエチレン素材で、耐薬品性に優れ、業務用パーマ液などの容器の素材として使用されています。ポリエチレンは、製造方法により、異なった密度を有するポリエチレンが得られ、目的に応じて使い分けることができ、フィルム、シート、パイプ、ラミネート製品、電飾被膜、その他各種成型品に使用されています。

●PP(ポリプロピレン)

 ポリプロピレンは、 PVC(ポリ塩化ビニル)、PE(ポリエチレン)、PS(ポリスチレン)などと並ぶ汎用樹脂で、生活に密着した分野で広く利用されている樹脂です。PPは、コスト的にもAS(アクリロニトリルスチレン)、ABS(アクリロニトリルブタジエンスチレン)、PET(ポリエチレンテレフタレート)より安価であり、耐熱性や電気特性が良く非吸湿性であり、耐薬品性、耐ストレスラック性に優れています。また、成形加工の容易さとバランスの取れた物性から、幅広い分野で使用されています。

 ポリプロピレンは、ブロー成型による容器(ボトル)だけでなく、インジェクション成形によって容器のキャップによく使われる樹脂です。ポリプロピレンは、着色剤などを入れないナチュラルの状態では半透明です。ただし、半透明といっても、最近は透明度のかなり高いものが増えてきています。また、ブロー容器の場合、配向ブロー成型など成形法により、透明度を高めることができます。

 ポリプロピレンの長所としては、①成型加工性に優れる、②電気絶縁性が良い、③ヒンジ特性、④耐水性、⑤耐薬品性、⑥耐ストレスクラック、⑦低比重(軽い) などがあげられます。一方、短所としては、①低温では衝撃に弱い、②耐候性に劣る、③帯電性、④そり、ヒケが出やすい、⑤印刷・塗装・メッキがしづらい などがあげられます。

●PS(ポリスチレン)

 PS(ポリスチレン)は、スチロールともいわれ、有機溶媒に弱いが硬くて透明性や電気特性に優れるほか、溶融時の熱安定性や流動性などの成型加工性が良く兼価であるため、電気、工業用、包装用、雑貨用、発泡用などで多方面で用いられています。しかし、耐衝撃性が弱く、油類等に対しての耐薬品性に劣ります。

●PCTA

 PCTAは、飽和ポリエステル樹脂の一種で、比較的新しい材料です。PCTA は、PCT(ポリシクロヘキサンジメチレンテレフタレート=高耐熱性のエンプラ)の酸成分の一部をIPAで置きかえたもので、イーストマンケミカルが開発したものです。

 飽和ポリエステル樹脂は、単にポリエステルと呼ばれることも多く、元々は合成繊維として大きな発展を遂げた樹脂です。最近では、ボトルやフィルムなど合成繊維以外でも利用が増えています。PETボトルとして有名なPET(ポリエチレンテレフタレート)が、飽和ポリエステル樹脂として最も有名です。飽和ポリエステル樹脂には、ボトル、フィルムとしての性能が優れていること加えて、合成繊維が大型市場を形成しているため、コストが安い(価格競争力がある)、リサイクルが容易である、ハロゲンや「環境ホルモン」など有害物質を含んでおらず環境に優しいなどの特徴があります。

●PFA

 PFAは、フッ素樹脂の1種であるペルフルオロアルコキシフッ素樹脂の略号です。フッ素樹脂とは、フッ素を含むオレフィンを化学反応させて作る合成樹脂の総称です。テフロン加工で有名なテフロンもフッ素樹脂です。実は、テフロンは、ジュポン社がPFAなどのフッ素樹脂に付けた商標なのです。耐熱性、耐薬品性の高さや摩擦係数の小さいことがフッ素樹脂の特徴です。

●TPX(ポリメチルペンテン)

 TPX(ポリメチルペンテン)は透明で熱に強く、熱可塑性樹脂の中では最も軽い樹脂です。TPXは、その安全性により食品ラップから産業資材まで広範囲に使用されています。

 TPXは結晶性ポリマーでありながら高い透明性を持ち、光線透過率はアクリルと同等、またはそれ以上という優れた性能です。また、融点が220°C~240°Cと耐熱性にも優れ、剥離性、ガス透過性、耐薬品性と実に多くの特長を持っています。

 耐薬品性については、ポリプロピレンと同様ポリオレフィンであるため、他透明樹脂のポリカーボネートやアクリルと比較し、優れた耐薬品性を示しますので、各種実験器具や化粧品キャップ等に使用されています。
【カテゴリー】 容器の豆知識

ホームページに掲載されていない容器も多数ございます。
お探しの容器が見つからない場合、ご質問・ご相談等がございます場合は「お問い合わせ」ください。
サンプルご希望の際は「サンプル請求」よりご注文下さい。容器ご注文の際は「発注書」をご利用下さい。

同じ用途で使われる容器

  • これから増やしていきます!

関連容器・関連情報

  • ボトル・キャップの各部位名称
    ボトル・キャップの各部位名称 ボトルの各部位名称【ボトルの部位名称】1…口天部肉厚2…口内径3…ネジ切り位置 ネジ上端で表す場合(上図:3-1)とネジ頂点で表す場合(上図:3-2)がある。4…ネックリング5…首丈6…口内部コーナー7…口天…
  • 中空成形(ダイレクトブロー)用金型
    中空成形(ダイレクトブロー)用金型  金型の構造は大体二つ割の型が多く用いられています。この型は左右の型が平行に移動して開閉する金型で、構造は大別して、ベース本体・ストライカープレート・首部(インサート)・底部(インサート)から出来てお…
  • 容器に関する致命欠点・重欠点・軽欠点の具体的な不良内容について
      ヨウキの品質を定めるための品質基準(外観・寸法・容量及び機能基準)があり、製造を行う際の工程管理なども、品質基準に適合するよう管理され、製造されています。 しかし、種々の事情から不良品が発生します。…
  • 抜き取り検査とは?
      製造した製品すべてを検査する方式を全数検査といいます。そして、ロットを構成する品物の一部をあらかじめ定められた方式で抜き取って試験(又は検査)を行い、その結果を判定基準と比較してロットの合否を決める…
  • 日本のガラスの歴史
      日本でガラスが発見されるのは弥生式文化の時代の遺跡からであって、それより古い縄文式文化の時代にはガラスは知られてなかったようです。実際、弥生時代の遺跡である静岡市登呂の遺跡からはアルカリ石灰ガラスの…
  • 帯電防止剤とは?
      帯電防止剤とは、合成繊維やプラスチック製品が静電気により帯電するのを防ぐ目的で使用される化合物です。実際には界面活性剤が帯電防止剤として利用されることが多いようです。 静電気が発生すると、人体への電…
  • 界面活性剤について
      界面活性剤は種類も多く、性質も少しずつ違っています。これらの界面活性剤をうまく組み合わせ使いこなすといろいろの働き(作用)のものが出来ます。1.乳化・分散作用(混ざり合わないものを混ぜる) 水と油は…
  • 容器の位置合わせについて
     ボトルの側面印刷とキャップの天面印刷を同方向にする場合は特に注意が必要です。(例えばクリーム容器等)ボトルとキャップの位置決めが出来ている容器と出来ていない場合がある為です。後者の場合は位置を合わせる…
  • ドロップ栓の抽出スピードについて
    ドロップ栓の抽出スピードについて 足長・長ドロップ栓は、下部の部分(細長い管、足長といいます)の長さによって内容物を出すスピードが違います。足長が長い方が抽出するスピードが早くなります。ご使用になる内容物、使用量によって足長の長いものと…
  • ガラス容器の歴史
      ガラス容器の歴史は古く、その起源は紀元前の古代オリエント文明が繁栄していた頃であります。主にエジプト・メソポタミアで作られ、宝石のように高価なものとして扱われていました。ローマ帝国時代になると鉄パイ…