容器の豆知識

容器の豆知識

ホームページに掲載されていない容器も多数ございます。
お探しの容器が見つからない場合、ご質問・ご相談等がございます場合は「お問い合わせ」ください。
サンプルご希望の際は「サンプル請求」よりご注文下さい。容器ご注文の際は「発注書」をご利用下さい。


1ページ目/212

ボトル・キャップの各部位名称

ボトル・キャップの各部位名称 ボトルの各部位名称【ボトルの部位名称】1…口天部肉厚2…口内径3…ネジ切り位置 ネジ上端で表す場合(上図:3-1)とネジ頂点で表す場合(上図:3-2)がある。4…ネックリング5…首丈6…口内部コーナー7…口天部コーナー8…首の付け根9…底部コーナーR10…上底深さ11…底面のフラット面12…上底コーナーR13…ナーリン…

【カテゴリー】 容器の豆知識

中空成形(ダイレクトブロー)用金型

中空成形(ダイレクトブロー)用金型  金型の構造は大体二つ割の型が多く用いられています。この型は左右の型が平行に移動して開閉する金型で、構造は大別して、ベース本体・ストライカープレート・首部(インサート)・底部(インサート)から出来ており、その他に型合せガイドピンおよび各ブロックごとに水冷用の孔または溝などがつけられています。 本体部…

【カテゴリー】 容器の豆知識

容器に関する致命欠点・重欠点・軽欠点の具体的な不良内容について

  ヨウキの品質を定めるための品質基準(外観・寸法・容量及び機能基準)があり、製造を行う際の工程管理なども、品質基準に適合するよう管理され、製造されています。 しかし、種々の事情から不良品が発生します。その不良の内容にも、実用上支障の無い程度のものから、基本的機能に重大な影響を及ぼすものまであり、欠点…

【カテゴリー】 容器の豆知識

抜き取り検査とは?

  製造した製品すべてを検査する方式を全数検査といいます。そして、ロットを構成する品物の一部をあらかじめ定められた方式で抜き取って試験(又は検査)を行い、その結果を判定基準と比較してロットの合否を決める検査法を抜き取り検査といいます。 商品やサービスの品質保証はいろいろな形で行われますが、最終的には検…

【カテゴリー】 容器の豆知識

日本のガラスの歴史

  日本でガラスが発見されるのは弥生式文化の時代の遺跡からであって、それより古い縄文式文化の時代にはガラスは知られてなかったようです。実際、弥生時代の遺跡である静岡市登呂の遺跡からはアルカリ石灰ガラスの紺色と青色の小玉が発見されています。 弥生時代に続く古墳時代(3~6世紀)になると、各地の古墳からマ…

【カテゴリー】 容器の豆知識

帯電防止剤とは?

  帯電防止剤とは、合成繊維やプラスチック製品が静電気により帯電するのを防ぐ目的で使用される化合物です。実際には界面活性剤が帯電防止剤として利用されることが多いようです。 静電気が発生すると、人体への電撃ショックを与えたり、火花放電により引火・爆発を誘引するなどの危険があります。また、プラスチック製品…

【カテゴリー】 容器の豆知識

界面活性剤について

  界面活性剤は種類も多く、性質も少しずつ違っています。これらの界面活性剤をうまく組み合わせ使いこなすといろいろの働き(作用)のものが出来ます。1.乳化・分散作用(混ざり合わないものを混ぜる) 水と油は一緒にすると分散しますが、界面活性剤を少量加えてかき混ぜると簡易に混ざり合い、安定な乳化液を作ること…

【カテゴリー】 容器の豆知識

プラスチックの材質説明

 ●AS(アクリロニトリル・スチレン) AS(アクリロニトリル・スチレン)は、透明度が高く、つやがあり、高級感がある樹脂です。PS(ポリスチレン)と比べて耐薬品性、剛性、耐熱性が向上され、透明性、耐薬品性、寸法精度の良さを生かして、電気製品(扇風機のプロペラ等)、化粧品等に使用されます。 アルコールに弱い、衝撃に…

【カテゴリー】 容器の豆知識

容器の位置合わせについて

 ボトルの側面印刷とキャップの天面印刷を同方向にする場合は特に注意が必要です。(例えばクリーム容器等)ボトルとキャップの位置決めが出来ている容器と出来ていない場合がある為です。後者の場合は位置を合わせる事は出来ません。規格の容器のキャップはネジのスタートがフリーで作られている場合が多く印刷をあわせても…

【カテゴリー】 容器の豆知識

ドロップ栓の抽出スピードについて

ドロップ栓の抽出スピードについて 足長・長ドロップ栓は、下部の部分(細長い管、足長といいます)の長さによって内容物を出すスピードが違います。足長が長い方が抽出するスピードが早くなります。ご使用になる内容物、使用量によって足長の長いものと短いものをお使い分け下さい。足長・長足長・短…

【カテゴリー】 容器の豆知識

ガラス容器の歴史

  ガラス容器の歴史は古く、その起源は紀元前の古代オリエント文明が繁栄していた頃であります。主にエジプト・メソポタミアで作られ、宝石のように高価なものとして扱われていました。ローマ帝国時代になると鉄パイプによる吹きガラス成形が開発され、さまざまな形のガラス容器が数多く作られて、ガラス容器の製造を大きく…

【カテゴリー】 容器の豆知識

ガラスビンで高級感を出したいときはどんな加飾がお勧めですか?

  人それぞれに高級感に対する価値観の違いはありますが、一般的には容器の高級感を出すには、1)フショクのほかに磨き加工やカット(切り子)を加える。2)印刷文字、図柄を金・銀色にする。(メタプリ印刷・焼付け印刷)3)塗装色を単色でなくグラデーションにする。又、パールや偏光パール色にする。4)樹脂や金属の…

【カテゴリー】 容器の豆知識

容器に求められる遮光とは?

容器に求められる遮光とは?  「遮光」とは読んで字の如く「光を遮る」ことですが、完全に光を遮るなら、不透明のはずです。ですが、茶ビンでも、かなり色の濃いものから、中が透けて見えるものもあります。 容器に求められる遮光とは具体的にどういうものなのでしょうか? 一般に光に対して不安定な医薬品の安定化をはかるためには、これらの製剤を…

【カテゴリー】 容器の豆知識

1ページ目/212